ビデオ会議システムは、出張の時間と手間を省くことができ、ビジネスの分野では当たり前になっている。システムの小型化・低価格化とブロードバンドの普及は、家庭レベルにも実用化が始まっている。従来から、ビデオ会議システムでは、相手方との視線一致とインタラクティブ性の実現が課題になっている。
 我々は、アルツハイマー型痴呆症の診断装置として、プロンプターを用いた図形模写と眼球運動の測定装置を提案している。本装置を用いることにより、テレビ会議の参加者にカメラを意識させることなく正面から顔を撮影できるとともに、図面や文字の記入などインタラクティブな操作を行うことができると考えられる。そこで、上記のアルツハイマー型痴呆症診断装置を用いて、新たに双方向インタフェースを開発している。

研究の目的

操作者の前にプロンプターを置き、プロンプター前面にタッチパネル、背後に撮影用カメラ、底面に表示用液晶ディスプレイが装着されている。ディスプレイ上に相手の顔と、相手と情報交換を行うための図面や文章が表示され、お互いにタッチパネルを用いて加筆や訂正を行うことができる。

参考文献
・鳥居弘樹、塩田陽一郎、、山田光穗:図形模写と眼球運動の取得を特徴とする双方向インタフェースの提案
ヒューマンインタフェースシンポジウム2007,2514

視線一致と図形、文字入力ができる双方向インタフェースの研究

双方向インタフェース装置